国際結婚ビザ申請

在留資格(ビザ)とは

在留資格(ビザ)とは、

入国の際に外国人の入国・在留の目的に応じて入国審査官から与えられる資格のことで、

外国人はこの資格の範囲内で活動することができます。

 

36種類ある在留資格のなかで、

日本人と外国人が結婚した場合は「日本人の配偶者等」ビザ

永住者(特別永住者の方も含む)と外国人が結婚した場合は「永住者の配偶者等」ビザが当てはまります。

これらの在留資格(ビザ)を得ることで、晴れて日本で夫婦共に暮らすことができるのです。

 

無事に結婚の手続きを済ませてもビザが下りないことも⁉

 

「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」のビザを取得するためには、

法律上夫婦である必要があります。

婚約者・内縁関係ではビザを申請することができません。

そのため、ビザを申請する前にまず結婚の手続きを済ませます。

 

その後、ビザを申請しますが許可されないケースも多くあります。

許可されなければ日本で一緒に暮らすことはできないのです。

せっかく結婚をして最愛の人と一緒に暮らしたいのにそれが叶わないなんて!!

不許可になるケースとは一体どんなものなのでしょうか。

 

以下のケースに当たる場合は要注意が必要です

・年齢差が大きい(夫婦の年齢差15歳以上)場合

・交際期間が短い場合

・結婚紹介所や出会い系サイトで知り合った場合

・出会いがスナックやキャバクラなど水商売のお店の場合

・結婚に至るまでにお会いした回数が2回以下の場合

・日本人が過去に外国人と離婚歴が複数回、またはその逆の場合

・日本人側の雇用が不安定、低収入の場合

・交際期間を証明できる写真がない場合

・結婚式を挙げていない場合

 

このようなケースでは偽装結婚を疑われてしまい、不許可となってしまうことも…

結婚したからといって必ずしもビザの許可がおりる訳ではないのです。

 

しっかりと交際の経緯を説明し、立証資料を揃えると同時に

真の結婚であることを丁寧に文書で説明する必要があります。

 

過去に、偽装結婚が多くあったことで年々審査は厳しくなっています。

注意が必要なケースに該当する場合やスムーズに許可を得て、

結婚生活を早く始めたい方は、ビザ専門行政書士のサポートを受けられることをおすすめします。

 

国際結婚ビザのご相談・お問い合わせはこちらからお願いします。

 

ページ上部へ戻る